Googleの「site」コマンドでの並び順

久々のエントリーです。

いつも話題にするネットショップにはこれといって変化がなく、またどうしていいかも解からないので書くこともありませんでした。

主なターゲットキーワードでの検索順位は落ちる一方(笑)

もともとGoogleでの順位は低かったので、YahooがGoogleの検索エンジンを採用してからはさらにターゲットキーワードからのアクセスが減りました。

ところがここにきて以前と変わらないアクセス数に戻ってきています。

アクセスログを観てみると、そのカテゴリーのビックキーワードでの検索ではなく、もっとピンポイントでのキーワードでのアクセスが増えてきているようです。

カッコつけた言い方をすると”ロングテールキーワード”ってヤツでしょうか。

ビックキーワードでの評価は下がる一方で、細かいキーワード、またはその組み合わせで上位に出てくることが増えているようです。

よく解かりません。


最近気になっていたのが、Googleの「site」コマンドでの検索結果。
ず~っと、TOPページが1位に出てきません。
「しょうがない・・・」と気にしていませんでしたが、最近になって気になりだしたので色々と調べて見ました。

そんなとき非常にタイミングよく出てきたのがこちら。

海外SEO情報ブログ
Googleの“site:コマンド”結果の並び順を決める要因が明らかに

さっそく読んでみましたがもう一つピンときません。
書かれていることが違うってことじゃなく、それとはまた別の要因が絡んでいるんじゃないかと。

YST時代であれば「ペナルティー」を疑うところですが、今回はちょっと違うみたいです。
(「site」コマンドでの順位以外で「ペナルティか?」と思える部分も少しあります。
これはもうちょっと知らべてみます。)

さらに詳細に調べたところ
・TOPページは常に22~25位ぐらい
・その上の順位は常に入れ替わっている

1~23位ぐらいは毎日、もしくは調べるごとに入れ替わっています。

同じサービスを使っている他のサイトも調べたところ同じようにTOPページが1位に来ていないサイトがいくつもあります。
(1位にくるサイトももちろんあります)

TOPページが1位に来ていないサイトはみなTOPページが私のサイトと同じ22~25位ぐらいに出てきます。

う~ん・・・・

そこでこちらが気になりました。
Yahoo seo Google
Yahoo seo Google ブログが書けませんなぁ~
のこちら

もう時効かな?と思うから書くけど、Yahoo TDPは階層の問題が大きかったのだ。


fc2のブログは階層を作ることが出来ない。
全てのエントリーは第一階層にしか置けないのである。


私のショップサイトもまさにこれです。
「Yahoo TDP」の問題としていますが、Googleでも関係しているような気がします。
もちろん「TDP」とは別の問題です。

そこで過去に自分がしたことを思い出しました。
Yahoo!と人が見ているTOPページが同じとは限らないかもしれないという話。

このときはGoogleではほとんど変化がありませんでしたので、あんまり関係ないと思っていました。
あれから半年以上たちましたので、Googleのアルゴリズムも変化したと思います。

もう少し考えて色々変更してみました。
サイトの仕様から階層を作ることは出来ません。
その代わりに別の方法でTOPページ、カテゴリーページ、詳細ページだと解かるようにしてみました。
あくまで自分勝手に”そのつもり”ですけど。

結果は、見事にTOPページが1位になりました。
しかも2位以下にカテゴリーページが来るようになりました。

ただ、「site」コマンドでの検索結果がいい感じになっても、肝心のキーワード検索での検索順位には全然変化ありません。(笑)

関係ないのかな。
それともこれから変化が現れるのかな。
だといいけど・・・

関連記事

1 Comments

もしもタチフエル  

サイトの順位について

ロングテールキーワードだけを考えていてもあまり良くないということが分かりました。

応援 ぽちっ

2011/09/12 (Mon) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment